男女

夢を叶えたいならネイリスト求人に応募するべき

諦めずに転職活動をする

スーツと封筒

自分の財産を探す

自分のキャリアには自信がないと考えていても、職務経歴書を作ってみると、予想外に多くの良い発見があります。転職に有利になる資格を持っていないから、と諦めるのではなく、自分の社会人としての財産を探すことが大切です。職務経歴書はフォーマットがないので、書きづらく感じますが、実際に取り組んでみると、驚くほど自分の長所や、企業側に伝えたくなる能力が分かってきます。職務経歴書のフォーマットに悩んだ時は、編年体式で作成してみます。自分の経歴を時系列で書くので、初めてでも作成しやすく、相手にも分かりやすく伝わります。経歴の部分は箇条書きにしてもいいですが、表にするとさらに見やすくなり、パソコンのスキルもアピールすることができます。

採用される可能性を高める

職務経歴書は、面接の前の書類選考に使う書類なので、しっかりと自分をアピールしなければなりません。自分の能力や性格、将来性を職務経歴書で伝えることで、他の応募者とは違うという印象を与えられるようにします。職務経歴書は、履歴書だけでは不十分な自分の経歴や、仕事を通して身に付けてきた能力をアピールする書類です。フォーマットが自由な分、仕事の能力だけではなく、性格も採用担当者に伝えることができます。そのため、ただ自分を売り込むだけではなく、見やすいフォーマットにすることで、相手のことを考えながら、行動できる人間だということもアピールします。職務経歴書は苦手だと多くの人が感じていますが、採用される可能性を高めるものでもあります。